上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12101401_Argo_00.jpg

Image : アルゴ
第85回米アカデミー賞で、在イラン米大使館占拠人質事件(79年)を題材にしたベン・アフレック監督の映画「アルゴ」が作品賞など3冠に輝いたことについて、イランメディアが一斉に反発している。

CIA(米中央情報局)関係者が映画製作クルーを装ってイランに入国し、事件に巻き込まれた米外交官を救出するストーリー。イランメディアは、事件に関与したイラン人学生や市民が暴力的に描かれる一方、米外交官やCIAが英雄的に描かれ、「まったく事実に反する」と批判している。

半国営メフル通信は25日、オバマ米大統領の妻ミシェルさんが受賞式に参加したことに触れ、「芸術的な評価ではなく、政治的な賞だ」と指摘。イラン学生通信は、「賞の長い歴史と名誉に傷をつけた」と非難した。また、イラン国営放送は「西側諸国での反イラン感情をあおり、軍事衝突の下地を作るものだ」と述べた。



≪ソース≫
exciteニュース
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
MOTTAINAI英会話サークル
毎週、昼から渋谷で開催!   英会話サークル!        Let's talk with us♪
ブロとも申請
RSSリンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。